4/11 

New Single

​「サクラミチ」

​配信リリース!

Biography

藤岡友香(Tomoka Fujioka)

香川県出身

シンガーソングライター / ボイストレーナー 

 

エレクトーンの講師だった母親の影響で幼い頃から常に音楽が身近にある環境で育つ。

特に、ホイットニーヒューストンやマライアキャリーの歌声に感銘を受け、

小学校4年生でアメリカで歌を学び歌手になることを決意し、地元の高校を卒業と同時に渡米。

 

現地では唯一日本人メンバーとしてゴスペルクワイアーに参加し、

また渡米後出会ったオペラに魅了され本格的に声楽を学ぶなど、幅広い音楽に触れる。

 

2008年にメリーランド州立大学音楽学部を卒業。

 

帰国後の2009年、日本テレビ系オーディション番組「歌スタ!!」で2000人の中から選ばれ、

優勝を機に本格的に日本国内での音楽活動を開始。

 

2010年に開幕した「瀬戸内国際芸術祭」では

Music Blueテーマソング「Song in blue」(小倉博和 作詞・作曲)を担当し、オープニングセレモニーで歌唱。

2012年、自身初のアルバム「LOVE」をリリースし、手売りのみにも関わらず3ヶ月で3,000枚を販売。

 

2012年・2013年に「神宮外苑花火大会」のテーマソングに東日本大震災の復興支援ソングとして

自身作詞・作曲のオリジナルソング「Don’t give up!〜命がある限り〜」が起用され、

明治神宮野球場にて3万人の前で歌唱  (出演回数3度2012年・2013年・2016年)

2015年、サウンドプロデュース松浦晃久によるプロデュースアルバムThis is not a Love Songをリリース。

 

地元香川県での活動も積極的に行っており、

2016年からJリーグサッカーチーム「カマタマーレ讃岐」の応援ソング「勝利の鐘」(自身作詞・作曲)を担当。

また、FM香川にてレギュラー番組「藤岡友香の元気はキから!」では初のラジオパーソナリティを務めた。

                                   (2016年4月〜2020年3月終了)

2019年、「会いたい」でお馴染みの歌手沢田知可子のソロコンサートに出演し、初めて芝居にも挑戦。

 

2020年8月15日(終戦の日)、戦争をテーマにした楽曲「ひびきの羽」(作詞: 松井五郎 作曲: 藤岡友香)を

配信リリースし、2021年4月には新曲「サクラミチ」(作詞: 松井五郎 作曲: 藤岡友香)を配信リリースと

2作続けて松井五郎が作詞を手掛けた。

​2021年から活動拠点を東京から宮古島に移し、

アーティスト活動に留まらず、声を通じて“心を解放”する独自のメソッドを考案し

マンツーマンでのレッスンや合宿型のツアーなども行っている。

SNS

Follow Tomoka's Instagram
  • Instagram - Black Circle